望み通りの顔になる

女の人

心斎橋には、ヒアルロン酸注射を用いる美容整形治療で人気を集めている美容外科クリニックがあります。自分の顔のつくりに不満を感じていても、美容整形手術を受けるまでの決心はなかなかつけられないのが普通です。でも、ヒアルロン酸注射を打つだけという手軽な方法で、美容上の悩みを解決することができます。

詳細を読む

最新の機器です

腹部

インディバはもともとがん治療のために開発された機器ですが、現在はエステでよく使われています。体の血流をよくするので、痩身の他に美肌や便秘・生理痛の改善にも効果があります。インディバは体に高周波を流しますが痛みはなく、気軽に受けることができます。

詳細を読む

若々しい顔でいるために

女性

美容整形でボトックス注射を受ければ、ほうれい線やしわを改善して若々しい印象を得ることが出来ます。また、脂肪吸引やリンパマッサージを行えばたるみやむくみも解消できます。いずれも短時間で施術が終わるので、手軽に試すことが出来ます。

詳細を読む

目を大きく見せる美容整形

目

目頭切開の名医を探せ!

眠たそうな印象から脱却シミュレーション対人におすすめです!目頭切開の治療で、ぱっちり二重を目指してみるのも最適といえるでしょう。

切除または折り込む方法

目頭切開では、目頭の部分にある蒙古ひだを、切除または内側に折り込んで隠すことができます。蒙古ひだとは、目頭を覆うようについている皮膚で、これを切除したり折り込んだりすれば、目頭はしっかりと露出するようになります。その分、目の幅が広くなりますし、上まぶたのたるみが少なくなることから、目は上方向にも開きやすくなるのです。つまり目頭切開には、目を大きく見せる効果があるわけです。ただし、目頭が開くわけですから、目頭切開後は、左右の目の距離が短くなります。そのためもともと左右の目が近い人の場合、蒙古ひだを大きく切除したり折り込んだりすると、ますます近くなってしまいます。したがって、不自然な顔立ちにならないように、慎重に施術範囲を決めることが必要となります。

それぞれのメリット

蒙古ひだを折り込むよりも、切除した方が、目は大きく開くようになります。そのためパッチリと開いた目にすることを希望する人の多くが、切除による目頭切開を選択しています。折り込む方法でも、目はある程度大きく開くようにはなりますが、切除した場合と比較すると、その度合いは少なめとなります。しかし折り込む方法の場合、蒙古ひだが目頭の内部に残っているわけですから、施術後に元の状態に戻すことが可能となっています。年をとると、目元にはシワが生じやすくなりますが、蒙古ひだによるたるみがあると、シワができるリスクが少なくなるのです。そのため年をとってから蒙古ひだを戻すために、折り込む方法による目頭切開を選択する人も、多くいます。